南足柄市長 加藤修平

5つの政策

今、人口減少社会、少子高齢化が到来し、様々な課題に直面しています。
また、地震など、大規模な災害への備えも大きな課題です。こうした状況に対応した「安全で優しいまち、地域の経済が元気なまち」をつくるため、県と強い信頼関係のもと引き続き、国政との太いパイプを活かし、市民が主役の市政を基本に、手厚くさまざまな施策を実現します。

●子育て支援など福祉の充実

■小児医療費助成事業を拡充(中学3年生まで無料化)

■病児・病後児保険の実現

■学童保育に対し運営費や保護者負担金減免制度など支援の拡充

■待機児童の解消を実現するため、私立の幼稚園、保育園の認定こども園への移行支援と民間の認定こども園の誘致

■妊娠、出産、子育てを切れ目なく支援

■岡本地区にも高齢福祉の拠点となる地域包括支援センターを開設

■障碍者の日常生活支援の充実

 

●教育文化の向上

■教育の現場を大切にし、子供たちの学力、体力の向上と思いやりの心を育み、日本一の教育を目指す

■小学校のエアコン設置と小中学校のトイレの快適化など施設の設備

■タブレット端末や電子黒板などによるICT教育のさらなる推進

■福沢小学校校舎の増築

■コミュニティと文化を大切にした明るいまちづくりの推進

 

●地域経済の活性化

■神奈川県の「未病を治す」県西地域活性化プロジェクトと連携して、未病関連産業の誘致

■県が支援する(仮称)大型直売交流センター(道の駅)の整備の推進

■観光の振興

■農業の6次産業化の推進など地域経済の活性化

■都市的土地利用の促進

■都市計画道路千津島・苅野線の整備の推進

■箱根ジオパークへの参画

 

●防災体制の強化

■「自助」「共助」「公助」に加え、「近助」の連携による地域の防災力の強化

■自治会防災マップの作成を支援

■防災情報の情報伝達体制の強化

■災害時においてもつながりやすいPHS電話を幼稚園、小中学校、福祉施設等に設置

■消防団の待機宿舎、資機材等の更新、充実

 

●持続可能な行政サービス実現のために

■広域連携や合併など様々な観点から健全な自治体のあり方を考え、市民皆様にとって安定と信頼の健全な行財政運営の実現

■小田原市斎場の建替えは、小田原市、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町と連携し着実に推進

■行財政改革の推進

 

「取り組む5つの施策」をPDFファイルで見る

 

Copyright © 加藤修平 後援会. All rights reserved.