南足柄市長 加藤修平

日々の活動

2013年1月24日 南足柄市「中学生議会」開く
『次代の南足柄を担う中学生が地方自治体の議会を体験し、市民としての〈自覚〉や〈まちづくり〉に関心を持って貰おう-と南足柄市(加藤修平市長)は23日午後、市立足柄台中学校(田中健二校長)の1年生15人による「中学生議会」を本会議場…
2013年1月20日  年頭祈願・賀詞交換会(大雄山最乗寺にて)
後援会役員、各支部役員、オレンジの会、各種団体役員に加藤市長夫妻を交え、本市が誇る古刹・道了尊に集いました。 石附山主様の、干支「巳年」は、ヘビは脱皮する毎に成長することから、何事も一段と成長する年であるという法話を頂い…
2012年12月23日 南足柄市と小山町の両議会 が、初の「きんたろう議会」開催。仮称・金太郎マラソン、M-Oグランプリ、金太郎有料道路など意見交わす。
『神奈川県・南足柄市議会(大川憲司議長)と静岡県・小山町議会(眞田勝議長)は21日、県境の足柄峠を越えて交流・連携を探る初の「きんたろう議会」を小山町の本会議場で開いた。議会は、南足柄市制施行40周年と小山町制施行100周年の記…
2012年12月8日 市議会 大型直売交流センター構想“南足柄と箱根を結ぶ道”絡め論戦
『加藤市長は「将来人口の減少や地域産業の低迷など市が抱える課題を打開し、地域経済の活性化に資する早急な取り組みが必要。企業誘致は有力な手段だが、現状の社会情勢や企業動向では難しい。大型直売交流センターは、農産物などの販売、誘客に…
2012年11月17日・18日 後援会バス旅行(静岡方面)
  11月17日、18日の両日、第2回目の後援会バス旅行を行いました。 公務があるため、朝の見送りに加藤市長も駆けつけました。両日でバス17台、約800人の方々が参加され、静岡方面へと向かいました。 &nb…
2012年11月8日 「大型直売交流センターの基本構想」発表
『南足柄市(加藤修平市長)は7日、農業を基盤とした6次産業化と2000万人の観光客が訪れる箱根と南足柄を結ぶ道路(南箱道路)の開通を視野に、同市儘下の民間商業施設と連携した新たな地域活性化の拠点施設「大型直売交流センター」の基本…
2012年10月3日-5日 パークゴルフ大会開催
秋晴れの10月、3日間に渡り南足柄市パークゴルフ場にて第1回の後援会パークゴルフ大会を200名超える皆さんにご参加頂き、盛大に開催しました。スポーツの秋、気持ち良い汗を流しながら、親睦を深めました。    …
2012年10月2日 “箱根への道”早期着工を。県知事へ要望書
『加藤修平南足柄市長と山口昇士箱根町長が10月2日、神奈川県庁に赴き、黒岩祐治知事に「南足柄市と箱根町を連絡する道路」の早期建設着工を求める要望書を提出した。 要望書を手渡した加藤市長は「当該道路の建設に係る設計費、工事費等…
2012年9月26日 南足柄市出身の映画監督・勝又悠さんが加藤修平市長を表敬訪問
『金太郎のふるさと・南足柄の長閑な里山に生まれ・育った新進気鋭の映画監督として脚光を浴びる勝又悠さん(31)が25日午後、加藤修平南足柄市長を表敬訪問、映像を通して美しい郷土・足柄を世界へ発信する熱い思いを語った。 』 ■ニ…
2012年8月31日 駐日タンザニア特命全権大使が加藤修平市長を表敬訪問
『動物や植物などを鮮やかな色彩と大胆にデフォルメした構図で描くタンザニア・ポップアートの魅力を発信する「ティンガティンガ展」の開催に合わせ、サロメ・T・シジャオナ駐日タンザニア連合共和国特命全権大使が30日午後、加藤修平南足柄…
Copyright © 加藤修平 後援会. All rights reserved.