お知らせ

【3分でわかる!加藤修平の8年の成果と取り組み(道の駅、子育て、財政など)】

道の駅は、国と県が厳密に調査して「足柄平野の活性化の拠点」「防災の拠点になること」「黒字になること」を認め、約束してくれた事業です!

 

南足柄市長、加藤修平は2期8年で何をしてきたの?そして、3期目何をするの??

 

そんな市民のみなさんの疑問に、加藤修平がお答えします。

 

「南足柄に住んでいてよかった。」

 

みなさんにそう思って頂けるように取り組んだ8年間の政策、どんどん実を結んでいます!

 

3期目に取り組む政策にも自信があります!

ぜひご期待ください。

 

───

加藤修平

 

加藤修平は2期8年で何をしてきたの?

 

●市長として2期8年の成果に、自信があります!

1.守山乳業の企業誘致を実現

2.「道の駅」造成工事を着工

3.小児医療費助成は中学3年生まで拡大(中学生は対象者を限定)

4.全小学校エアコン設置へ国の補助金を確保

5.全小学校にトイレの快適化(洋式トイレ等)の整備を推進

6.学童保育の公設化を決断

7.高齢者の介護相談窓口(地域包括支援センター)を3か所に拡充

8.市民が優先入所の特養老人ホームを誘致

9.大規模災害を想定した新ハザードマップを全戸配布

10.市長給与は1期目から50%~30%カット

 

 

───

【特にみなさんから多くのお声をいただく、ご質問にお答えします!】

 

●「道の駅」をつくるにはお金がかかりそう。財政は大丈夫なの?

建設費の市の負担は約2,500万円のみ。(全体の建設費は4億4,900万円)

南足柄の道の駅は、国が認めて重点道の駅(全国14ヶ所のみ)に選ばれています。
そのため、国と県の「助成金」「補助金」を最大限に活用が出来ています。

道の駅は、国と県が厳密に調査して「足柄平野の活性化の拠点」「防災の拠点になること」「黒字になること」を認め、約束してくれた事業です!

 

●市のお金(市の収入・貯金)はどうなっているの?

この8年の創意工夫により、市長就任前に313億円あった市の借金を、「60億円」減らして253億円することに成功しました。

これからも市のお金を健全するように努めていきます。

 

●「子育て支援」「福祉」について知りたい!

「子育て支援」
小学校・中学校の「エアコン」「トイレ快適化」を実現させました。
(まだ完備が完了していない学校は、今年度以内に完了予定)

「福祉」
県内トップレベルの、シニア介護相談窓口 (地域包括支援センター)を3ヵ所に拡充しました。

 

さらに詳しい加藤修平の考えはこちらからご覧いただけます。

▼加藤修平の考えはこちら(pdfファイルが開きます)

 

───

【3期目の取り組み(政策)にもご期待ください!】

 

▼これからの南足柄をつくる12の政策はこちら(PDFファイルが開きます)

▼「子育て」「教育」「シニア」「観光」「防災」、3期目に行う政策をまとめました(PDFファイルが開きます)

 

 

Copyright © 加藤修平 後援会. All rights reserved.