日々の活動

2012年8月31日 駐日タンザニア特命全権大使が加藤修平市長を表敬訪問

『動物や植物などを鮮やかな色彩と大胆にデフォルメした構図で描くタンザニア・ポップアートの魅力を発信する「ティンガティンガ展」の開催に合わせ、サロメ・T・シジャオナ駐日タンザニア連合共和国特命全権大使が30日午後、加藤修平南足柄市長を表敬訪問した。

加藤市長は、スワヒリ語でJambo(じゃんぼ、意味・こんにちは)…と歓迎の意をあらわし、大使は「こんにちわ」と日本語で返し、和やかなムードを演出。加藤市長は、日本のヒーロー・金太郎のまちづくりを紹介。サロメ大使は、アフリカで最も平和な国の1つで7つの世界遺産をもつタンザニアの魅力をアピールした。最後に握手を交わし、タンザニアと南足柄市の友好を深めた=写真(前列左から・加藤市長とサロメ駐日大使)=。 』

■ニュースサイトで詳しく見る
南足柄市/タンザニアのポップアート「ティンガティンガ展」(~9月3日) 駐日タンザニア特命全権大使が加藤修平南足柄市長を表敬訪問

 

Copyright © 加藤修平 後援会. All rights reserved.